共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

育児

子どもを産むと離婚したくなる【産後クライシス】イクメンも危ないかも

更新日:

結婚生活を続けているとちょっとしたすれ違いや口論などから「この先やっていけるのかしら?」なんて思うことはありませんか??

私は、5年程前まで「子どもが成人したら、セカンドライフ歩んでやる!!」なんて思っていました。そして、3年程前に主人に「子どもが成人したら。離婚しようと思っていたわー!!わっはっは。」とカミングアウトしています。カミングアウトしたのは、関係が改善したからなんですけどね。笑

きっかけは…

我が家のきっかけは下の子の出産でした。

待ち望んでいた我が子の誕生!!まさか、それが原因で2年もすれ違うことになるとは思いませんでした。

”産後クライシス”って知ってる?

”産後クライシス”とは「産後2年以内に夫婦の愛情が急に冷え込む状況」をいいます。

2012年頃から使われている言葉のようなので、当時の私は知りませんでした。思えば我が家も立派な”産後クライシス”だったんでしょうね。

我が子も誕生し「毎日幸せ!!」のはずが、何故夫婦の愛情が冷え込んでしまうのでしょう?

パパが産前と同じ感覚で産後に言った一言が引き金になる

  • 「育児?家事?俺は、外で仕事してるんだよ。」
  • 「どうせ昼間寝てばっかでしょ?」
  • 「明日も朝早いんだから、早く泣き止ませろよー。」
  • 「明日の休み?友達と出かけるからさ。」
  • 「子どものお風呂?俺も付き合いとかで忙しいの。」

パパとしては、子どもが生まれる前と同じように過ごしているつもりが、ママは育児という大きな仕事が増えているので、パパが産前と同じ感覚でいると…ママからしてみたらただのお荷物です。苦笑

産後のママの変化が”産後クライシス”を引き起こす?!

産後のママは、産前より変化がたくさんあるのです。

  • ホルモンバランス変化
  • ライフスタイル変化
  • 交友関係変化
  • 身体の変化

そんな変化がママのストレスとして大きくのしかかります。

でも、パパはそれに気づかず「今日は機嫌悪いからそっとしとこ。」なんて思う人が多いようです。

パパだけのせいじゃないこともあるんですよ!!

そう、主人は自他共に認める”イクメン”。しかも、私には子どもよりも甘い。

しかし、当時は主人のちょっとした言動にイライラしていました。

産後のママさん、こんなことありませんか?

  1. 自由に外に出られない→主人は、仕事だけど外に行けるじゃん!
  2. 育休中で家に下の子以外と接触が無い→社会から取り残されてる?
  3. 帰ってきて聞いてくれる「今日どうだった?」→毎日同じことしかしてないし!!
  4. 睡眠不足で子どもと寝ちゃう→今日もなんにもできなかった…
  5. 聞いて欲しいことがあるのに子どもの相手してるし→私のことなんてどうせ二の次やん。

今、振り返ると「八つ当たりですか??」と思えます。

でも、当時の私は「なんにもわかってくれないー!!」としか考えられなかったのです。

ピンチのままで終わるのか?!

出産を契機にして起こるといわれる”産後クライシス”。夫婦(家族)のピンチですよね。

確かに何もせずにいたら、仲違いしたままかもしれません。女の人は産前産後にされたことは一生忘れないと聞きます。(私の周りにもいますよ。25年経っても当時を覚えている人が…。苦笑)

現状維持が良い方で、悪化するのがおちでしょう。(我が家では2年と少しばかり、私が腹の中に抱えたままぐつぐつと煮込んでました。)

雨降って地固まる

ことわざに『雨降って地固まる』というものがあります。

『揉め事のあとはかえって良い結果や安定した状態を保てるようになりますよー。』という意味です。

"産後クライシス"もやりようによっては、夫婦仲がよりよいものになるきっかけになるのではないでしょうか?

ちなみに我が家では、それぞれの考え方の変化と主人の根気の良さが乗り越えられたポイントでしょう。

まとめ

当時、”産後クライシス”なんて言葉、私は知りませんでした。

一人で悶々と「絶対離婚してやる!!」なんて思っていたものです。

でも、本当は主人は主人なりに私や子どものことを考えて行動していてくれたようです。

殻にこもった私にはわからなかったんですよね。

”産後クライシス”を乗り越えられた、我が家では無事『雨降って地固まる』になりました。

歩み寄りはどちらからでもできるものですよ!!

  • この記事を書いた人
mama

片付けない妻

子育てするよりも働いている方が良いというバリバリなキャリアウーマン。虐待を受けた経験があり、児童虐待、福祉関係に関する情報を発信しています。

-育児

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.