共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本

【「自分メディア」はこう作る】を読んでみた!きちりんさんの記事の書き方が参考になる。

投稿日:

どうも。働かない夫です。

きちりんさんの【「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記】を買いました。無名の会社員からトップブロガーになる経歴を載せています。きちりんさんの記事の書き方、経歴や素顔を伏せたままの理由などブログの裏側をみることの出来る本です。

【「自分メディア」はこう作る!】

なぜ、”はてな”を使うのか?

ウェブ上には、何年も前の文章が溢れています。「最近は……」で始まるブログが10年前にかかれていることもある(中略)「それはいつ書かれたの?」という情報とセットで解釈する私には、耐え難いフラストレーションでした。

そんな中、”はてな”のデザインの多くは、左上に大きく年月日が表示されており、大変わかりやすいものだったのです。

(「自分メディア」はこう作る! p28,29より引用)

確かに、いつ書かれたものなのかが最初にわかると時代背景や何が流行っていたのか?を何となく思い出す事が出来るので、理解しやすい事もあります。最新情報を求めているのに、読んで最後に日付を見るのはちょっと不親切かと気づきましたね。わたしも考える項目になりそうです。

さら独自ドメインに関してもSEO的に評価される、信頼度が高くなるとネットや本で見つけて、わたしも使い始めました。しかし、きちりんさんのブログはGoogle page rank"5"と高いランクだそうです。どれだけ良質な記事を書き、自然なリンクを発生させる事が重要なのかを再認識しましたね。

つまり、無料で使えるブログサービスでも充分だと言えます。

きちりんさんの記事の書き方

頭を使うのは2だけで、1はひらめき、3は作業、4は技術です。

  1. 伝えたいメッセージが決まる(浮かぶ)
  2. そのメッセージを伝えるための論理構成を決める(考える)
  3. 文章に必要な材料(情報)を集める
  4. 文章を書く

(「自分メディア」はこう作る! p47より引用)

きちりんさんはこの一連の流れを文章だけなら30分、資料等を準備するのに30分以上使っているそうです。記事の作り方を体系化されているとわかりやすいですね。

こうしてみると「てにをは」を気をつけて文章が読みやすいのかを?などプロブロガーのイケダハヤトさんの【武器としての書く技術―30万人に届けて月50万円稼ぐ!新しい(秘)文章術
】との共通点もいくつかありますね。定期的に読んでブログを書くときの参考にしたいです。

まとめ

他にもペンネームのメリットやどのようにして有名になったのか?などが記載されています。

わたしもまだ読んでいる途中なので、ワクワクしています。

ブロガーさんは一読してみる価値はあります。きちりんさんの【「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記】を手元に置いてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-オススメ本

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.