共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

働き方

アベノミクスが庶民の為になっていないって主張はおかしい。自分の責任はどこへ?

投稿日:

どうも。働かない夫です。

ここ最近、Twitterやら、まとめサイトで、アベノミクスが庶民の為になっていないって話をよく見ます。日銀の異次元の金融緩和で株価の上昇。大企業、投資家が潤い、中小企業や庶民にお金が回るというものですが、実際は大企業や投資家だけが儲けているじゃないか!ってものです。

投資家になるのってそんなにハードルが高い物なのでしょうか。政治(アベノミクス)が庶民の為になっていないという主張に違和感を感じます。人の所為にしているだけではないでしょうか。おかしいと思う点をわたしの見解からまとめていきます。

投資家という職業

わたしが最も尊敬する職業はトレーダーです。彼らは全ての事において”自分に責任”を持っています。

今回、アベノミクスによって株価の上昇が起こり多くのトレーダー(投資家)が儲かりました。それをアベノミクスは投資家の味方だ!的な発言は妬みにしか思えません。トレーダーは以下のようなデメリットを持っています。

専業トレーダーのデメリット

  • 税金が純利益の20%
  • トレードごとにかかる手数料
  • サーバートラブル、誤発注はトレーダーの責任
  • 社会的な位置は無い。クレジットカードは作れない。
  • 収益がいつもプラスではない。大きく負けて、資金が0になる可能性もある。

他にもあるかもしれません。専業の場合ですが、トレーダーというのはリスクを負って生活をしています。つまり、”アベノミクスでは株価が上昇しただけ”で誰もが儲かった訳ではないです。

株式市場への参入のハードル

株式市場への参入のハードルはどのようなものでしょうか。ハードルはほぼありません。個人的には資金10万あれば、デイトレードで1万稼ぐ事もできます。(日経平均1万でも実際にやってました)

参入するには

  1. 証券会社に問い合わせる
  2. 専用口座を作り、入金する
  3. ログインをして規約に承諾して、トレードを開始する。

必要なのは10万位の資金と通帳、印鑑、パソコン(スマホでも可能)くらいです。今なら非課税のNISAだってあります。

だれでも参入出来るのに何故、トレーダーだけが儲かっているっていえるのでしょうか?おかしいですね。

魅惑の投資家。利益もあれば損もある。

投資家がトクをしてるじゃないか!と言われていますが、それは完全に間違いです。たまたまトレードに勝った人が儲かっている。というのが現実です。

株主優待で有名な桐谷さん

3億あったはずの資産が5000万円にまで下落し、失意の日々を送っていた桐谷さん。しかし、そんな暮らしを救ったのが、保有銘柄から送られてくる優待品でした。お米券や缶詰め類、その他の優待で、食べることには困らなかったと言います。

資産6分の1に!桐谷さんのドン底を救った株主優待 より引用)

2013年の記事です。少し前に見た資産額は1億程度でしたが、まだ損をしていますよね。それでも投資家が優遇されているのでしょうか?

わたしの投資記録

具体的な例を出します。

わたしも投資をしています。(今は休止中)

インデックスという株を買ったときの話をします。まずは下のチャートを確認してください。

スクリーンショット 2014-11-19 13.35.56

【4835】インデックス【粉飾決算】    転落まとめその3 その後 より引用)

当時の投資戦略として、全体的に株価が強い状態だったので、

  1. 抵抗線を超えた当たりで買い
  2. ストップ高で強い買いがあったらホールド
  3. 怪しい場合はデイトレードで完結させる

と簡単なトレード方法をしていました。具体的な日付までは忘れてしまいましたが、トレード終了後、粉飾決済が明らかになり、次の日から連続3日間のストップ安となりました。

わたしの全力で購入した資金は半分になりました。これは会社が粉飾決済をしていて、投資家はただその株を買っただけです。会社が悪くてもトレーダーには資金が戻ってきません。株を買ったトレーダーが悪い。持ち越しをしたトレーダーが悪い。株を良く調べなかったトレーダーが悪いという結果になってしまいます。

責任は常に自分にあるのです。

自分の選択に責任を負っている

トレーダーは常に何が起きても自分の選択が悪い。運が悪い。と片付けるしかないです。福島の原発が爆発した時もかなりのスピードで株価が下がりました。売りが売りを呼ぶ状態です。そんな時も清算しなかったトレーダーに責任があります。東京電力の所為にしてもしょうがないですよね。損害賠償を請求しても払う義務ないですから。

トレーダーはリスクテイカーなのです。リスクをどこまでとれるのかを計算して株式市場で生きています。何もアベノミクスがトレーダーを優遇している訳ではないです。トレーダーからしてみれば、たまたま株価の上昇があった。程度です。

自分の選択に責任を持とう!

トレーダーとしては今後どちらに動くのかが重要です。動く方向によって

  • 売りポジションを立てるのか
  • 買いポジションを立てるのか

が決まるだけです。

他人を批判したり、デモを起こすくらいなら、投資関連の本やお金関連の本を読んだ方がよっぽどリターンがあります。

どこかで弱くなっていませんか?

職業の選択やリスクを負う選択は”あなた”にありますよ?政治家にはありませんよ?

アベノミクスの恩恵だというなら誰にだって株式市場に参入するチャンスはあります。

自分の責任で自分のお金を使ってトレードする事ができますよ。

自分の選択に責任を持ちましょう。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-働き方
-

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.