共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

子どもの勉強

中学生の基本的な勉強の進め方とテスト対策に関して

投稿日:

中学生の勉強時間は学年+1時間という通説があります。勉強時間をかけると比例して成績が上がるものでしょう。

しかし、効率的な勉強のやり方でなければ、いくら時間をかけたとしても、無駄に勉強時間を過ごしているだけとなります。

中学生の勉強を効率的にやりたい。効果的な中学生の勉強方法をまとめていきます。

中学生の勉強のやり方

中学生の勉強には、予習と復習があります。

  • 予習は「わからないところを知る」勉強
  • 復習は「わかる」から「できる」への勉強

と考えてください。

ここでは、主に復習をメインとして勉強方法をお伝えしていきます。(予習に関しては次回)

やってはいけない勉強方法

まずは、やってしまいがちな誤った勉強方法かまとめていきましょう。

自分で問題を作る

英語の単語帳なんかはそうですよね。赤ペンで書いて、下敷きで消す問題を作るのもいけません。

理由は、時間の無駄だからです。中学生の単語集も数年前に比べて豊富に問題集が売っています。作成する時間を暗記に使いましょう。

ノートを写す勉強

模写と言われるものです。ノートを5回写す。10回写す類の勉強はいけません。写す作業が目的となり、実際に問題を出されたときに解答することができないからです。

暗記する(インプット)だけでは勉強になりません。問題を解く(アウトプット)ことをしましょう。

ひたすら問題を解き続ける

問題を解くことが勉強。正解です。3回は繰り返すと比較的定着します。

しかし、1回目からすでに正解だった問題も3回とも解いていませんか?時間は有限です。正解率100%の問題を練習しても点数向上は見込めません。

不得意な分野。「わかっている」だけの問題を「できる」に変えましょう。

中学生のテストは大きく2つ

  • 定期試験
  • 入試試験

この2つです。学年によっては実力テストも追加されます。中学生は小学生の頃とは異なり、定期テストを意識した勉強をしていかなければなりません。

定期試験、入試試験ともに出題される問題には傾向があります。定期試験では、定期テスト対策用のテキスト。入試であれ各都道府県別の過去問。

分野によって出題される問題には傾向があります。その傾向を掴むためにも問題数を数多く解く必要があります。

中学生の勉強方法

前置きが長くなりましたが、中学生の勉強で大事なのは、勉強量です。

時間ではなく解いた問題数に比例します。

ここからは、問題数を多く解くためにできるコツをお伝えしていきます。

※レベル別に対応が異なるので中間層をイメージしています。(50点~)

問題集に◯×をつける

市販の問題集(教科書の定期テスト対策用のワーク)をノートに解きます。

1回目の勉強

  • 正解した問題:◯
  • 間違っていた問題:×

を問題集につけます。ここでは曖昧な表記の△はつかいません。

採点が終わったら、間違えた問題の解説を読み、その場でやり直しをします。

この勉強方法でテスト範囲まで進めていきます。

(注意)数学は途中式を書くようにしましょう。理由:高校では途中式も採点に加えられるため

2回目の勉強

前回×だった問題だけを解きます。

  • 正解した問題:◯
  • 間違っていた問題:×

前回の問題集の◯×の隣に追加で記入します。

前回と同様に、解説を読み、やり直し。

定期テスト毎に別ノートを用意し

  1. ×だった問題を別の資料を使って「なぜその答えになるのか」を調べる。( 資料:教科書、辞書、別のワーク)
  2. わからない場合は、学校の先生に聞く。

×問題について調べたことを1冊にまとめていく。

3回目の勉強

  • 基本問題は全て解く
  • ×問題を全て解く
  • (時間があれば応用問題も全て)

定期テストまでに最低3回は解くようにしておく。

まとめ

中学生の勉強方法は

  • 問題数を多く解くこと
  • 苦手な問題を特定し、回数を多く解くこと

ただ闇雲にやっていては時間の無駄遣いになります。毎回正解の問題を何回も解くよりも、苦手な問題の特定と改善のプロセスが大切です。

定期テストの対策がそのまま入試に活かされていきます。中学生の勉強時間で考えてはいけません。問題を多く解けたのか。量で測定してください。

次回は、予習と復習の違いについて解説します。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-子どもの勉強

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.