共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

子どもの勉強

小学生の勉強時間の決め方。家庭学習において親のやるべきコトとは?

更新日:

小学生、中学生の子どもがいて悩むことといえば勉強ではないでしょうか。

勉強しなさい!なんて声をかけていませんか?返事も「はいはい、後でやるって!」と反抗的な態度でイライラ。

子どもが進んで勉強をやってくれら、何にも問題はないのですが、なかなかそれが難しいのが現実です。

今回は、教育業界で働いていた経験を踏まえて子どもの勉強について語っていきます。

子どもの勉強する時間の決め方

よくいろんなところで

  • 小学生:学年×10分
  • 中学生:学年+1時間

と言われています。

様々な見解がありますが、概ね同意で、やっぱり量は大切なんですよね。

ただ単に時間を設ければ良いわけではありません。座っているだけでは勉強にはなりませんし、苦行です。

なーんだ。時間が決まっているならそれでやればいいじゃん?っと「勉強しなさい」で済ませてはいけません。長時間勉強できるよになるためには、親の努力が必要になります。

家庭学習において親のやるべきこと

今は通信教育、集団塾、個別指導塾、家庭教師…と様々な教育サービスがありますが、基本となるのが家庭学習になります。

丸投げをする人もいらっしゃいますが、教育サービスは家庭学習をできるようにするための補助みたいなものなんですよね。最初から外注を入れてはいけないわけです。

子どもが自ら勉強するために親が出来ることをまとめていきましょう。

小学低学年(~3年)は一緒に勉強をする

子供部屋があっても、リビングで一緒にやるようにしましょう。集中力がないので、隣に座って勉強を見てあげましょう。

1日10分程度の時間を確保することが大切です。

この期間の勉強は基礎分野の学習になります。

親が見るポイント

以下の3点はおさえておいてください。

  • ひらがな、漢字の書き順
  • 足し算、引き算(桁が増えた時に注意)
  • 教科書の音読(読めない子が多いです)
  • えんぴつの握り方も大切。

ライフスタイルが多様化する中で1日10分の勉強時間を作ることは大変かもしれません。低学年の1日10分は数年後に塾に入れるよりも価値があります。中学、高校の勉強の準備体操だと思ってください。

低学年の勉強は後々響きますので、1日5分程度でもいいです。手をかけてください。家庭学習の習慣を身につける必要があります。コミュニケーションの場としても活用しましょう。

高学年(小学4年生~)は自分で勉強できるようにする

ここからの勉強は徐々に難しくなってきます。自分で勉強する習慣をつけさせる必要がでてきます。

親のやるべきこと

資料を揃える

  • 辞書
  • 教材
  • 場合によっては塾なども検討

これまでは一緒にやることを推奨しましたが、高学年になってきたら自分で調べて勉強する方法を提示していくことがいいでしょう。

  1. わからない言葉があるなら、辞書を引く
  2. 解けない問題があるなら、基本となる例題を探す

最初は、一緒に探す方法をやるのがいいですね。誰かに提示されるのではなく自分で調べられるように教えていかなければなりません。

勉強の仕方の基本

高学年時からの勉強の仕方を簡単に提示しておきましょう。

  • 問題を解く(できた場合はそのまま、できなかった場合は、チェックをつけておく)
  • わからない単語は辞書で調べる
  • 算数、反復あるのみ。

親のやることはやっていることを確認する。

  • 子どもに最低限やらせること、勉強している日付を書いてもらう。
  • 行動をしていることを褒める
  • 1日30秒程度でいいのでタイマーなどを使って勉強をゲーム化する。

子どものほめ方については、具体的な行動。なんでも褒めるとナルシストになるのでご注意ください…。

ゲーム化する内容

  • 100マス計算
  • 無理なら10マス計算
  • 漢字のテスト

短時間で簡単にできるものを集中してやらせましょう。

テストも行われるようになってきますが、点数を目標とせずに、具体的な行動を目標とさせてください。

目標設定は、学習のアウトプット(テストの点数)よりも、学習のインプット(勉強時間、内容など)を設定するとより良い結果が出ると研究をされています。

子どもの目標設定を確認し、正すことが親の仕事です。

小学4年生頃からはできる!を積み重ねよう

小学4年生頃から難解になってきます。例を挙げると算数の少数・図形です。比較的簡単な時期からしっかりと理解しなくても、「わかる!・解ける!」という実感が大切です。(なんとなくわかるのレベルです)

今は自宅で1コマ15分で勉強できるオンライン塾があります。スケージュルと立てたり、勉強したり、ちょこっとゲームをしたり…と勉強を楽しく進める施策をしているのでおすすめです。

まとめ

  • 子どもの勉強する時間:単に学年×10分ではなく、勉強している時間の濃さも大切
  • 最終的に、自分で勉強できるように段階別で子どもと関わっていくこと

勉強をしなさい!って声をかけていませんか?

それでは勉強をやりません。ちょっと見て、やっていることを確認して、行動を褒めるようにしましょう。

「頭がいいねー」はダメですよ。「漢字頑張っているね。前より綺麗に書けるようになったね。」って声をかけてくださいね。

書くと簡単ですけどね、普段から褒めないと恥ずかしいんですよね。なんて声かければ良いかわからないしw

観察することです。あぁーこれが出来るようになったなーとか。見なきゃわからないでしょ?ある程度、時間はかかりますよ。でも、やりましょう。子供のためです。

そもそも勉強やらないですよね

まぁここまで書いていますが、スタート時点でコケていますよね。

そもそも子どもが勉強やらない

やれよ!って声かけてもやりませんね。うちの子はまだやる方だったみたいで一番下のチビの幼稚園バス待ちしているお母さんが悩んでいましたね。

どうやってもやらねーって人は小学生向けの通信教育を試してみることをおすすめします。

特におすすめなのが以下の2つです。

進研ゼミは超有名ですよね。過去にご自身でやったことがあるかもしれません。ぼくも当時やっていましたが…教材だけ山住みになって良い思い出はありません。

ですが、この進研ゼミとスマイルゼミはタブレットを使って勉強できます。

簡単にメリットを紹介!

  • タッチペンを使って文字をかける
  • 丸つけは自動
  • 反復学習可能
  • 頑張った分だけ頭の対応になるゲームアプリができる

進んで勉強する仕組みが入っているんですよね。それぞれ全額返金保証のあるう体験講座がありますが、ちょっと仕切りが高いですよね。

なので、まずは2つとも資料請求して子どもに選ばせると良いです。

勉強するのは子どもですからね。「どっちがやりたい?」と聞いてみましょう。

資料請求は以下のリンクからどうぞ。

次回は、小学生の勉強方法について書いていきますね。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-子どもの勉強

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.