共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

マンガ

不登校の実体験を作者が描く漫画「学校へ行けない僕と9人の先生」

投稿日:

どうも、ハタオトです。

いい漫画でした。

小中学校時代の不登校を作者本人が描く漫画。作者の棚園正一さんは、愛知県民で、現在は大須に住んでいるそうで、ずっと気になっていたんですよね。

不登校の子が近くにいる方には、ぜひ読んでいただきたいですね。彼らがどんなことを考えているのかが理解できるかと思います。

学校へ行けない僕と9人の先生

鳥山明先生と出会い、少年は生きる希望を見つけた。
小〜中学校時代、不登校だった著者の実体験を基にした物語。
学校へ行けない日々、「9人の先生」との出会いと別れを通じて、喜び、傷つきながら成長していく少年の姿を描きます。

漫画の構成としては、主に小学校1年生から中学を卒業するまでを描いています。

その間に関わってきた先生達との物語ですね。

まずは、不登校になった原因から…

このとき、先生の読んでいる場所がわからなくなり、パニックになっていたそうです。(ぼくも国語が苦手だったので、よくわかります。)

辛うじて、保育園のときの先生の言っていたことを思い出し、勇気を振り絞ります。

勇気を振り絞った結果

痛烈にやられてしまいます。

今だったら、かなり問題になりますよね。体罰って。昔ならゲンコツくらいは当たり前でしたので、まぁありますよね。

学芸会の役を決めてセリフを覚えるのが宿題で、この日の怒られるかもしれない恐怖から不登校になってしまいます。

不登校と立ち向かう漫画じゃない

タイトルを見ると、あぁー不登校になって立ち直っていく漫画でしょ?と思うかもしませんが、そう簡単にはいきません。

不登校児に対応するための教材でもなく、不登校支援でうまくいった!って話でもありません。

ただただ、世の中に蔓延しているフツウを埋めるために苦しんでいるのがわかります。ドラマ的な内容一切ありませんよ?

学校にいくことがフツウであって、行かないのは異常。これは、空気のようなもので漂っているんですよね。学校を社会に置き換えたらわかるのではないでしょうか。(えぇー!主夫やっているの?的な反応・表情はよくありますw)

このあたりをリアルに、本人の手で体験談を淡々とまとめられているところがリアルさを感じますね。脚色している感じがしません。

実際の不登校児は、こんな葛藤があって、周りの反応も同じような感じなんだろうな…と思います。

その上で、大人がどのように支援していかなければならないのかを考えされられますよ。

まとめ

本日、棚園先生の講演にて以下のようなことをおっしゃっていました。

鳥山先生は会える人ではない。もちろん、鳥山先生はすごい。幸運の象徴だったのですけども。鳥山先生が言ってくれた言葉ってのは、周りの大人が言える言葉だと思うんですよ。可能だと思うんですよ。

確かに、鳥山先生はすごいかもしれない。ドラゴンボール世代としては、鳥山先生がすごく映るかもしれませんが、一人の人間として鳥山先生がどんなことを伝えたのかを注目して欲しいですよね。

不登校児に限らず、人が望んでいることがありますよ。

不登校のひとつの事例として本書を手にとっていただければと思います。

ちなみにぼくは、義務教育はダサくなっていくと考えています。意味がわからないというか…もっと、こういった事例を知って欲しいですよね。行かなくてもなんとかなるってのをわかってほしいですね。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-マンガ

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.