共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本

自分の子供がいじめられて不登校になっているなら、【中学なんていらない。】を読んでほしい

投稿日:

どうも、ハタオトです。

「中学なんていらない。 不登校の娘が高校に合格するまで」を読みました。

中学生で不登校になった娘を高校に合格させるまでの実録エッセイになります。以前、勤めていた職場(塾業界)で実際に不登校になった生徒がいまして、塾の時間を他の生徒とずらすなどして、工夫していたことを思い出しましたねー。

親になって、自分の子どもが不登校になるかもしれません。もし、なったらどうしますか?

スポンサーリンク

中学なんていらない。不登校の娘が高校に合格するまで

本の内容紹介

中学2年でいじめに遭い、不登校になってしまった娘。成績はオール1、学校の提示する選択肢は通信制高校のみ。中学の力を借りずに、家族が団結して合格を果たすまでをつづる実録コミックエッセイ!

ドロドロしそうな内容かと思いましたが、作者の青木さんができるだけコンパクトに、恨み節にならないように構築されたそうです。

いじめ、不登校、学校不信の経緯などが大きな流れで理解できるよになっています。

ちょっと、ネタバレを…

いじめが発覚した時のことです。

娘が同じクラスの男子に殴られていたことが発覚します。この時、担任は男子の殴る行為を知っています。

そして、学校に相談しますが…あまり相手にされません。

いじめが発覚したのは中学2年時。担任の先生はいじめをしている男子を1年生の時から知っています。1年生の時より落ちついてきてて…といじめられている親に「彼の努力を認めてあげてください」と訳のわからないことを言っています。

これが義務教育での難しいポイントですよね。全員平等に授業を受けさせなければなりません。”平等に”です。いじめがあった場合に、出来ることは、

いじめられている側が

  • 個別登校(保健室で授業を受ける)
  • 転校する(もしくは、フリースクールに通う)

といじめられている側がアクションを起こさなければならないのです。

義務教育でない世界では、「いじめ」=即退学ってところもありますからね。愛知県の某高校では、いじめをしていた人は即退学で、いじめに参加していたかもしれない人も重たい処罰を受けていましたね。

でも、義務教育では、退学なんてありませんよね。いじめをする側を排除や更生って難しいですよね。

いじめられた子だけ損をする教育ってどうなの?

不登校だと成績はオール1になります。(テストを受けても提出物がない、平常点がないってことで)

高校入試も学校のメンツがあるので…と学校側の意見で決めようとしたりと、不登校になったらこんな末路なのね。と思ってしまいます。

義務教育を受けさせる公立中学では、高校のように退学なんてできません。いじめられた側の問題であって、いじめた側への対応ができていないのが事実ではないでしょうか。

少し前に岩手県の中学校で起こった事件でも、学校側が対策をしていないようですし。

参考:岩手県中2自殺「いじめをやらせていた女子生徒がいた」父が告発

中学はなくてもいい

本のあとがきに以下の文章が

最後に。

娘の不登校中、学校が嫌で自殺しています子供達の事件の記事をたくさん読んで胸がくるしくなりました。休みあけに多いそうです。

子育てにしんどくなった時に私はいつも、娘が生まれてきた時のことを思い出すようにしています。あのとき「生まれてきてくれて良かったー!」って思いました。大抵の親がそう思ったことでしょう。

学校が嫌なら行かなくてもいいんじゃないですかね?

学校に行くことが”普通”で、不登校は”逃げ”だって感覚がありますけど、不登校こそ一生懸命生きることに挑戦していると思いますね。学校に行くことが異常かもしれません。

いくつもある選択肢の一つだと思いますね。

この本も一つの事例としてですし。

まとめ

いじめ対応のできない中学なんていりません。

学校に行かなくても、独学だけで東大教授になれる人だっています。

参考:高校を行かずに東大教授、柳川範之先生の独学勉強法。

不登校になってからの事例を知らないだけです。安心して、ひきこもってください。命があるから次につなげられますよ。

公立中学、小学校でもおこりそうな話です。学校教育の問題点がわかってきますね。お子さんがいましたら是非読んでいただきたいですね。

不登校でも独学でいけるよ

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-オススメ本

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.