共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

ブログ運営

人にブログを書かせるとブロガーとして成長できると思う。

投稿日:

以前、こんな記事を書いています。

ブログで稼ぐ?なら、ブログは書くな!プロデュースしろ!

なんだかんだで今も書いてもらっているんですよね。結構書くことにも慣れてきまして、するぷろも使えているですよね。

するぷろを使って、サクサクっと書いた記事がこちら。

【名駅 ランチ】猿カフェに行くなら事前予約可能だから待たなくて済むよー!

ブログはやれせてみると面白いですよ。

スポンサーリンク

ブログを人に書いてもらう

頼んだのは妻ですね。いやー、書いてよ的な感じで。ラフに。

返事は、面倒なんだよね。ってことでしたね。掘り下げていくと以下のような問題。

  • ブログの開設が面倒
  • なにをテーマに書けばいいか、わからない。
  • そもそも需要があるか、わからない。

面倒ですよね。ドメイン取って、WordPressの設定とか。収益化するためにアドセンスを追加して…。書くまでが長い。挫折します。

このあたりをやってあげます。(といっても、一緒のブログでいいよってやらせてます)

実際に、やらせてみると他の悩みが

  • ブログの書き方がわからない。
  • リード文が書けない。(ブログの書き出し)
  • タイトルが決められない
  • カエレバの使い方がわからない

まぁ、ブロガーなら通ってきている道ですよねw 直接、解説すれば書けますからね。

テーマはあとから広がる

書いてみると書きたい分野が次々出てきました。

全く興味がなかったのにですよ?今では書きたいテーマが出てくるものなんですよね。

奥さんの書く内容ってあんまり興味がなかったことでも、編集しているうちに「これってどういうことなの?」とか自然と知識を求めるようになりますし。

書けない分野をかけるんですよね。ブログの方向性にマッチするなら、人に書いてもらったほうが相乗効果を期待できますよ。

編集者の位置でのブログ

ブログに興味を持つのは、まだ一部の人だと思います。ライティング技術がない、自分にはやれないよー。わたしなんかの文章誰が読むの?と断ってきますが、うまいこと転がしてやらせてみるといいですよ。

奥さんとの契約では1記事1500~2000文字で、100円という超絶ブラック案件で仕上げてもらっています。50記事なので、5000円分くらいは貯金しています。小銭貯金が好きなので。

100円貯金すると思って、書いてみてよ!って感じでやってます。(見えるかするためにもちゃんと小銭いれてます。)

書いているテーマでマネタイズまで繋げられそうな案件はありません。アドセンスだけで、気楽にやっている感じですね。(50件中1件は毎月1000円程度収益をあるので、自分で記事代を稼いでいます。)

マネタイズを強化したいなら、実際に脱毛してもらって脱毛案件書いてもいいですね。稼いだお金を使ってもらって…。セルフバックを探してもらうのも良さそうですね。

初心者には量を

ライターとしては未熟です。イケハヤブログ塾では質よりも量を推奨しています。わたしも量派ですね。自分の場合は、時間がかかるので、急がば回れタイプなんですよね。質の高い記事を書く前に経験値を積む必要があるかと思います。

なので、量を求めてます。妻の場合は、過去記事の修正をマメにやっていますので、ぼくよりも優秀なブロガーですね。

文章になれてから、過去記事の修正。記事を一本書き上げる時間の短縮。構成。レベルをあげていけばいいのではないかと思っています。

なので、量を求めます。(1本100円やでっ!)

まとめ

というわけで、ブログを書くだけでなく、誰かに書いてもらうのも面白いですよって話です。

ランサーズや、記事代行サービスではなく、面白そうな人を発掘するイメージです。人に注目してください。

市場に出ているライターの数は増えていくと思いますが、市場に出ていない、面白い人間も多いかと思います。

ガチでやる方は、アフィリエイト戦記の記事が面白いです。自分がやるにしても参考になります。

特に自分には書けない専門的な分野や、面白い生き方の人を探せたらいいですね。

案外やってみると面白いですよ。1記事100円のブラック案件から「どう?」と交渉してみましょう。(相場なんてわからない人が多いので、チャンスですよ!)

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-ブログ運営

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.