共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本 育児

【夏休みの宿題 計画表】"宿題の見える化"でストレスフリーを手に入れろ!!

更新日:

片付けない妻です。

『早くからやっときなさいって言ったでしょうがー!!』

去年までの出校日または8月末の我が家で飛び交ってたのですが…比較的多くのおうちでお目にかかる光景なのではないでしょうか?
今年こそはなんとか自分で進めてほしい!という切実なお願いのもと…"宿題の見える化"をしました。

はじめが肝心!!夏休みの宿題はさっさと終わらせて親も子どももストレスフリーの夏を過ごしましょう!

去年までの我が家

去年までそれはそれは大変でした。

  • 子どもの宿題がいつまでにどのくらいあるのかはっきりしない
  • 子どもがやってなくてイライラ→問い詰める
  • 子どものやる気がもげる   などなど

『えっ。出校日までだったの?』

なーんてことも多々。2年も同じことを繰り返していましたが…これはいかんと今年は一念発起したわけであります。

 

今年は"見える化"です

じゃあ、何すんの?ということで…こちらを参考にしました。

準備したもの

【見える化】のために準備したものをご紹介!

①計画表

 

付録でついてるんですけど…直だとやり直しがきかないので…コピーがオススメ。

 

②デイリーのプラン表

これも雑誌の付録。ちょっとますが小さいかなーと思ってます。ので、私はコンビニで拡大。

あとは…

  • コルクボードとたてるやつ
  • シール(うちは子どもに選んでもらいました)
  • 色鉛筆
  • 鉛筆と消しゴム
  • 定規

などなどですねー。

小学生の娘の場合

コルクボードを選んだのは冷蔵庫にはもう貼れないから。笑

ちなみにこんな感じ。

ダイニングの台の上に置いてあります。

家族全員が見える場所!

我が家は、ハタオトが日中子どもの相手をしますが、宿題などの管理は私。なので、誰が見ても「いつまでに、何をしなければならないのか?」を明確にする必要があるんですねー。

 

それに…やりやすくないと大人でも忘れてやらなくなっちゃうからね!

年長の娘の場合

お姉ちゃんがやるのを見て『わたしも!!』と購入。「やったら、カレンダーにシールを一個!」が嬉しいかも

 

どうやってやるの?

『で、何すればいいわけ?』って感じですよね。

【宿題の見える化】は、親は何もしない。

①聞いてくだけです。笑

  • 夏休みの目標
  • どんな宿題があるのか?
  • 宿題はいつまでにやるのか?  などなど

夏休みの予定ももちろん書き込みます。

 

②日付に色鉛筆で線引っ張る

これで、いつからいつまでなのかわかりやすくなります。

 

種類ごとに色わけするのもなかなかよいかなー。と思い実施。

 

③1日のペース配分を計算してもらう

ちなみにページ数も計算させました。

親『28ページを14日でやります。さて、1日何ページ?』

子「…。」

親『何算?』

子「割り算」

親『せーかーい。はい、計算!』

 

ってな具合。

④予備日は作る

予備日をもうけましょう。

  • やる気がでなくて進まない日もあるかもしれない
  • 病気でできない日もあるかもしれない

だって、人間だもの。笑

 

予定は未定。ということで、修正がきくように予備日は設定!

デイリースケジュール

早寝早起きは絶対条件!『何時に起きるー。寝るのは9時ね!』

(あっ、余談ですが…我が家の平日の就寝時間は8時なのです。)

 

あとは子どもに計画してもらいました。

1日のタイムスケジュールも明確に。子どもができる範囲で。

ゆとりをもたせるようアドバイス。

きっつきつでは子どもも親もまいってしまいます。

ちなみに我が家では、”ママとの約束”も追加。

  • 午前中はゲームとテレビはNG
  • 朝の勉強でのやり残しは昼ごはんのあとすぐする
  • ゲームとテレビは1日あわせて2時間まで

というこちらからのルールの提示も”見える化”。人によって違うことを言ってては子どもが困惑しますからねー。

まとめ

宿題の見える化を昨日実施。今日、仕事から帰ると早速シールをペタペタペタペタ貼っていました。笑
シールを貼りたいがために勉強する…それもありかなー。と。それを見て『おっ!やってるねー』と子どもの行動を認める。コミュニケーションにもなりますよね。

ただでさえ把握するのも大変!何が宿題で出ているのか確認するついでに…"宿題の見える化"してみてはいかがですか?

参考にしたものはこちら

 

関連記事はこちら

【夏休みの自由研究】自主的に取り組むために親が押さえるとよい4つのコツ | もう、共働きやめます。

小・中学生におすすめの勉強→

【スタディサプリ(勉強サプリ)】は5教科月額980円で効率的な勉強ができる教育サービス

  • この記事を書いた人
mama

片付けない妻

子育てするよりも働いている方が良いというバリバリなキャリアウーマン。虐待を受けた経験があり、児童虐待、福祉関係に関する情報を発信しています。

-オススメ本, 育児

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.