共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本 マイホーム

キッチンの片付けのコツは、全部収納すること。使いやすさよりも掃除しやすいを目指せ!

更新日:

どうも、主夫ブロガーやってます、ハタオトです。

わたしの主戦場は、主夫業でございます。

やってみると、大変なんですよね。毎日、朝昼晩とキッチンに立っているわけですが、苦労するのがキッチンの片付けです。

先月くらいに片付けの魔法を読みまして、キッチンも実践しました。とても、快適です。

なので、この感動をお伝えすると同時にキッチンの片付けのコツを紹介していきます。

キッチンの片付けのコツ

まずは、徹底的に捨ててください。

片付けをするぞ!と意気込んだときはどうしますか?雑誌を書いますか?それともネットで検索して、収納道具を買いますか?はたまた、100均の便利グッツを購入しますかね?

一番最初にやるべきは、役割を終えたモノを捨てることです。

キッチンで捨てたモノ

我が家の捨てたモノの一例を紹介しますと

  • 弁当箱
  • 水筒
  • 使っていないスタバのタンブラー
  • 割れているケース
  • コーヒーメーカー
  • 使っていない鍋
  • 使っていない便利グッツ

水筒は、4本。弁当箱は10個以上。キャラクターモノが多かったですね。どうしてこんなにあるの?って感じで。

長女が保育園のときに使っていたもで、子供が大きくなると別の大きさの弁当箱が必要になるんですよね。別の用途で使おうかと取っていても使わないんですよ。

タンブラーも同様に。一時、ご当地モノ、季節のタンブラーを毎回買っていたときがありました。

スタバではタンブラーを持っていくと20円値引きになります。これだけ持っていても結局持っていくのってグランデーサイズのステンレス製の1個だけ。他はいらないんですよw

なんでこんなに買ったの?と言いたくなります。当時はときめきを感じていたんでしょうね。今では全く感じません!

コーヒーメーカーは、頂き物で…不味いコーヒーしか作れないので、捨てました。大きくて邪魔ですし。

いらないモノを収納したって、意味がないんですよ。どうせ、使わないから。

徹底的に捨て切りましょう。捨て方はこちらを参考にしてください。

片づけを真剣にやると人生がかわる。もう、とりあえずの片づけやめない?

キッチンは全て収納が基本

収納について調べると、フックなどで吊るして、見せたり、調味料をラックなどで、綺麗に並んでいる収納方法が紹介されています。あれは嫌いです。

油やホコリが溜まりやすいし、30分~1時間の調理する時間の数秒を削るために効率的にしても掃除に時間をかけるようなら無駄でしょ。

全部、見えない位置に収納します。

キッチンの片付けは、掃除しやすいを目指す

 

片付けは、正しい場所に戻すこと。

掃除は、汚れを取り除くこと。

本を読んでから、同時に片付けと掃除をやらないように意識しています。

モノを捨てた後は余力が生まれますので、場所を決めてから所定の場所に戻すようにします。場所に関しては、こんまりさんの本を参考にしています。

slooProImg_20150731132802.jpg

  • シンクしたは調理器具
  • コンロ下は調味料や食品系
  • 機能が限定されている調理器具やその他は全部上

片付けをしてから変わったこと

水回りを毎日綺麗にしているので、気持ち良く朝を迎えられます。目に見えないところにあるので、ストレスが溜まりにくいんですよね。

忙しくても、ある程度片付いているので、サッと拭く掃除はできますね。ごちゃごちゃ置いていると一度どかしたから、拭いて、もう一回戻して…の繰り返しで時間かかってましたから。

まとめ

キッチンの片付け方法は何通りもあります。面倒ですよね。

普段から掃除しておけば、年末の大掃除って大掛かりになることもなければ、外注する必要もなくなりますよ。

使いやすくしても、調理時間って半分になったりしますかね?

ならなかったので、やめましたよ。複雑な片付け方法をやらないで、使う器具を使うときに出せばいいのですよ。

キッチンの片付け方はこちらの本がおすすめ

関連記事

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-オススメ本, マイホーム

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.