共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

節約

【レタスの水耕栽培】成功した点と失敗点まとめ

更新日:

どうも、働かない夫です。

レタスの水耕栽培に4月の上旬から励んでいます。

と言っても面倒くさがりなので基本放置ですがw

早いもので6月となり、スケジュール的には収穫期となってきています。あともう少し様子を見るつもりですが、次回の秋のレタス栽培に向けて成功した要因と失敗した要因をまとめていきます。

スポンサーリンク

【水耕栽培のレタス】ここまで出来た!

まずは、成功しているものを写真で紹介しましょう。

面倒くさがりなわたしでもここまで育てることが出来ました!

測ってみると、だいたい7cm。ちょっと小さめです。

水耕栽培レタスの成功要因

今回のレタス栽培でうまく育ったものは、発芽までにしっかりと水に浸したものでした。

一回目のほぼ全滅してから、タネとスポンジを完全に水に3日ほど浸したレタスはうまく育ちました。

  • 光に当てる
  • 乾燥させない
  • 低温

やっぱりこの3つが重要でしたね。

その後の育て方としては2,3日に1回水を交換する程度でやっていました。

レタスの育て方の注意点

他にもいくつか注意点があります。

写真をみると、レタスの色が薄くないでしょうか?

調べてみると

葉の色が薄いなど、気になる場合は、液体肥料を1~2週間に1回くらいずつ、水やりのときに与えましょう。

家庭菜園“初心者”向き!“リーフレタス”を育てよう より引用)

そこで気づきました!液体肥料忘れてた!!!

で、使ったのはこちら。

slooProImg_20150604232558.jpg

1000倍希釈なので一滴入れるようにしています。

さらに、枯れてしまっているもの、枯れそうなものは間引き(切り捨てること)をして、栄養が分散しないようにするのも重要です。

まとめ

水耕栽培のレタスの育て方

  1. 発芽のポイントをおさえる
  2. 元気のないレタスは間引く
  3. 液体肥料も使う
  4. 温度15℃〜20℃を保ち、光にも当たるようにする

4番目が難しそうですが、水耕栽培でレタスを育てる時に気をつけるポイントでしょう。

6月中旬まで育ててから食べることにします。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-節約

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.