共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本

受験生必見!偏差値55から70まで上げるイケダハヤト流の勉強術

更新日:

どうも。働かない夫です。

今回は勉強方法を紹介します。

これから紹介する勉強方法はイケダハヤトさんの【なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)】に記載されていた方法です。この本は受験生は絶対と行っていい程読まない本だと思いますので、勉強方法にお悩みの方に向けて紹介したいと思います。

イケダハヤト流の勉強術

期間は9月から翌年2月までの6ヶ月間で偏差値55から70まで上げたそうです。

  • 期間:6ヶ月
  • 時間:2000時間
  • 一日11時間~13時間

一日11時間以上の勉強って聞いただけでもスゴい集中力ですよね。。。さすが、プロブロガーとして生活しているだけありますよね。

具体的な方法

学校に行かない

まず決めたのが、極力「学校に行かない」ようにすることです。それはもちろん、「勉強に最大限時間を割くため」です。通学時間は無駄です。友だちと雑談する時間も無駄です。低レベルな授業に付き合うのも無駄です。

(p96より引用)

これは確かにと思う部分もありますよね。受験と学校の勉強はかけ離れている部分もあるし、受験科目でない物も受けなければ行けないってこともありますからね。

英語勉強方法

受験英語に必要になるのは高い単語力と英語読解力が必要になります。

高い単語力

もっとも記憶に定着するのは「単語の語源構造を分解して(例えば”proceed"なら”pro<前に>”+”ceed<進む>”など説明してくれる参考書」。そして単語だけを掲載するのではなく、例文が充実している参考書」であることがわかりました。『速読速聴・英単語』シリーズ(Z会)がこの条件を満たしていることがわかった

(p100より引用)

懐かしい!わたしも受験当時は使っていましたね!この覚え方にたどり着くまではひたすら丸暗記しようとして苦労していましたね。早くこのコツに出会いたかったと思います。

英語読解力

「自分の興味関心を扱った英文」「いま話題になっているこに関連がある英文」に触れたほうが、単語記憶が定着することもわかってきました。・・・(中略)

学校に行く日は、毎朝ジャパンタイムズのトップニュースの、ぼくが関心を持てる「文化」コーナーを印刷し、毎日1~2時間、英文読解に時間を注ぎました。

(p100より引用)

この方法良いですね!新たに問題を買う必要も無いし、時事問題も興味を持って行えますしね。ニュースサイトもジャパンタイムズ、ウォールストリートジャーナル(WSJ)、CNNで日本の記事扱っていますからね。インターネットが使える世の中ならではの勉強方法ですよね~。

国語勉強方法

もっとも効率がいいのは「実際に受ける大学の過去問を徹底的に解きまくる」ことだと思い至りました。

(p101より引用)

普段のテスト勉強や読書、暗記でよくいわれるのは最低3回は繰り返しなさいってことですよね。傾向が似てくるからってことでしょうね。数学などに関しても似たような問題では無く同じ問題を繰り返し解く方が勉強効率は上がります。(ちなみにわたしの娘には同じ教材は繰り返しさせています。)

勉強を効率的に楽しくするコツ

本書でも書いてありましたが、ただただ勉強する時間を確保して良い教材を使うだけでは意味がありません。勉強効率を上げていく事が重要になります。わたしも塾で勉強を教えていたときに痛感したことでもあります。

ぼくは「正答率」や「回答スピード」、「記憶の残り具合」を測定し、どういう方法がもっとも暗記効率がいいのか?を研究しました。

(p103より引用)

これは重要ですよね。テストは時間制限がありますし、その中で必要な点数をとる必要がありますからね。

  1. 正答率
  2. 回答スピード
  3. 記憶の残り具合

こちらは今ある物で十分できますよね。ストップウォッチで時間を計り時間制限をつける。回答スピード、正解率を記録しておき、全く同じ問題を解いたときに精度が向上しているのかを判定する。

これだけでも全然違いますよね。

まとめ

わたしがプロブロガーとしてのイケダハヤトさんに興味があり、【なぜ僕は「炎上」を恐れないのか 年500万円稼ぐプロブロガーの仕事術 (光文社新書)】を読みました。きっとそういった理由で読む人が多いと思います。高校生が受験勉強に悩んで読む本ではないですよね~。苦笑

内容を結構引用していますが、この集中力に関する背景なっているもの。もっとディープな内容を知りたい方はこちらを一読するといいでしょう。

購入はこちらまで↓

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-オススメ本

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.