共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

オススメ本

ブログの将来像が見える一冊。かん吉さんの【人気ブログの作り方】を読め!

投稿日:

どうも、働かない夫です。

ブログというもののあり方を考えさせられる1冊となりそうです。

わかったブログのかん吉さんが先日発売された「人気ブログの作り方」はこれからブログをやる方やブログをやられている方の将来像を考えるきっかけになる1冊になると思います。

特にこの1年程度でブログを始めた方は読んだほうがいいですよ。

人気ブログの作り方

  • はじめに –読まれないブログ記事は 、存在しないのと同じである
  • 1 .これからブログを頑張ろうと思う人へ 。まずは三ヶ月毎日書く 。話はそれからだ
  • 2 .ツイッタ ー時代に注目される 、ブログ記事タイトル 9つのル ール 
  • 3 .人気ブログになるためにただ一つ考えるべきこと
  • 4 .ソ ーシャル時代において 「ブログ 」の重要性がさらに増す理由
  • 5 . S E O終了のお知らせ
  • 6 .ブログでアフィリエイトをやってはいけない理由
  • 7 .ソ ーシャル時代を勝ち抜く 「ブログタイトル 」の決め方
  • 8 .文章力が無くても 、面白いブログ記事を書く秘訣
  • 9 .ブログのアクセス数を半年で 1 2倍にした私の戦略
  • 1 0 .ブログはすべて 「レビュ ーブログ 」に帰結する
  • 1 1 .自分の活動の実績はしっかり残す 。ブログを人生の母艦にする考え方
  • 1 2 .面白いネタは日々の生活の中にこそある
  •  1 3 .ブログを成長させるには 、成長レベルに合わせた施策が必要だという話
  • 1 4 .良い記事を書いていればブログは成長するとは限らない
  • 1 5 .ブログ成功の本当の理由
  • 1 6 .すべては読者のために
  • 1 7 .半年続けても上手く回らないと感じるブログは 、方向修正した方が良いかもしれない
  • 1 8 .同じことを何度も書く重要性
  • おわりに –ブロガ ーが目指すべき 「ゴ ール 」とは ?
  • 特別付録 K i n d l e電子書籍の作り方

目次です。

この本はわかったブログの「人気ブログの作り方」カテゴリーから記事を厳選して作成されて本になっています。

えっ?じゃあ、わかったブログ「人気ブログの作り方」カテゴリーを見ればいいじゃん?と思いますが、本で読みたいのです。本人に厳選された記事を読みたいものでインターネットだと誘惑が多いので、なかなか読めないんですよね。

読み進めていくと心に刺さります。

ブログの更新頻度に関して

週一更新と 、毎日更新では 7倍スピードが違います 。 7年かかることを 、 1年でまわせるのです 。努力すれば 、自力でタイムマシンを動かすことができます 。

自力のタイムマシンという表現はワクワクしますね。自分で動かしているんだぜっ!って感じでいいですね。

毎月30記事達成できるか?ってことにもなりそうですが、毎日一定間隔で更新することが大切なんでしょう。毎週月曜日はジャンプの発売日だ!といった具合に購読してくれている読者に届ける意識を持つ必要があります。

毎日書くとネタってどうなの?

ブレインストーミングは 、頭の中にあったアイデアを出し尽くしてからが 、本当の勝負と言われています 。

思いついてすぐに書けるような記事は 、面白くない 。ネタが尽きて 、さあどうしようと頭をひねり出し始めると 、面白い記事をかけるようになる

経験・・・ブレインストーミングやブレインダンプをやってみると、出し切った!と思ったところから、自分の本質になっていきます。核みたいなもので、出し切ってからが自分の本質、本音、本当の部分が出てくるのでしょうね。

ブログってわからないもので、狙って書いたものがヒットしなくて、気楽に書いたものがヒットすることもあります。

出してみたいとわからないところもありますからね。

ブログのあり方

自分が主役のブログは 「ブロガ ー自身 」に信用を効率よく蓄積

どうやって自分を出していくかがポイントで、ブログのメインって自分なんですよね。アピールしていく、知ってもらうことが大切で信頼関係を築くことが第一。

ブログ投稿後はSEOは無視してSNSを意識したタイトルのつけ方をし、後々タイトルを書き換えるテクニックもありました。

SNSでワイワイやった方がブログとしては成長すると思いましたね。

バカになろう。

ブログの将来

この本はわかったブログのカテゴリーから選出された記事を若干の加筆を加えてKindleで出版しています。

どのブロガーでも書き続けてカテゴリーごとで需要があれば、出版できることを意味しています。もちろん、読者がついていること前提ですが。

ブログを書き続けることでのメリットは多いと感じました。

まとめ

かん吉さんは本の中でヒットしたら次々と畳み掛けろ!とおっしゃっています。

最近のわかったブログは上から更新順

  1. Kindle電子書籍は誰でも読めることを知ってましたか?
  2. 電子書籍「人気ブログの作り方」特設ページで、書評を紹介させてもらってます
  3. 最強のセールスコピーは「売れてます!」である

セオリー通り畳み掛けています。ついつい読んでしまいます。本の中身と同時に発売直後のわかったブログも見ておきたいですね。刺激的ですよ。

てなわけでオススメ

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-オススメ本

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.