共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

ブログ

半田市成岩地区の山車祭りは、自分を売り込む力を身につける祭りです!

投稿日:

2015年4月11日、知多半島半田市の成岩地区の山車祭りに行ってきました。名古屋に住んでいたわたしは知らない祭り。地元民では有名な祭りだそうです。

この祭りを子どもに参加させると自分を売り込む力が身に付きます。「はっ?祭りで自分を売り込む?」

気になる方は続きをどうぞ!

半田の山車祭り

半田の祭り、山車には2つの大きな特徴がある。一つは半田の祭りが、一部大店の旦那衆や町衆の物ではなく、庶民皆の力が合わさって運営されている点である。山車組や町内のもの皆で楽しむ庶民の祭りとして発展してきた歴史があります。もう一つは幕末の頃からそれまでの山車の形態から素木彫刻が施された彫刻山車へと変化してきたことである。山車に所狭しと施された彫刻の質と量は日本一であると自負しています。

半田市 祭りの魅力 より引用)

半田の山車祭りは3月下旬から始まって5月の上旬の亀崎地区の祭りで終了するスケジュールで行っています。

伝統の祭りでかなりの活気。

成岩山車祭りの様子

 

交通整備も庶民で行って山車が道路を横断します。

この時に先頭の方で子どもたちが山車を引くのに参加できます。娘はワッショイなんて言っていましたねw

参加するとお菓子がもらえるので、結構参加していましたよ。

成岩神社に地区全ての山車が集まった様子。

slooProImg_20150412150219.jpg

 

夜になると提灯がつきます。キレイですねー。

slooProImg_20150412010552.jpg

 

ヒョットコからのご祝儀をもらえ!

ここからは、自分を売り込んだ者が勝つ!

大獅子の舞・小獅子の舞が奉納された後、ヒョットコが現れます。獅子やヒョットコについてはこちらをご覧ください。(わかりやすいっす。)

slooProImg_20150412150216.jpg

 

勢いよく中央から現れたヒョットコとオカメが道化として盛り上げます。

 

大獅子の舞などが終了すると御祝儀でいただいた菓子や花等を振舞います。(ここから戦いが始まります)

slooProImg_20150412010534.jpg

みんな写真の様に手を挙げます。

slooProImg_20150412150214.jpg

 

お菓子等を投げるヒョットコは3〜4名に対して観客は100人ほど。

 

slooProImg_20150412150210.jpg

いかにもらえるか?をアピールする場であります。

会場のイメージとしてはライブハウスで体験する様なモッシュ。ライブが終わるとアザだらけなイメージですね。それくらいの気迫はありますよ。

自分をアピールするために

  • 「お兄ぃさーん!!!お菓子ちょう"だい"!!!!」
  • 「おにぃいさーん!!愛してる(投げキッス)
  • 「お兄さん!この子(小さい子)にもあげてー!」

とまぁ、ヒョットコ相手に自分の存在をアピールしていますwww

これがまた大きな声を出して、大きく手を振ったりして存在をアピールしないといけないので大変。過去に娘が鼻血を出す負傷をしたくらいですからw

もらえる物は駄菓子とかなんですけど、いかに多くもらえるかを競っているんですよね。

お菓子をたくさんもらう子って、自分の存在を示すのが得意になるので良い練習になると思うんですよね。実際にかなりもらってくる子は自己アピールが得意ですから。

まとめ

面白い祭りですよね。

昨年、娘が参加した際は0個でしたが、今年はリベンジで3つ取ってきましたよ。見ているとまぁ壮絶w 相当自分を売り込むが得意になったなーと思いますよ。

かなり疲れますが、子どもに力強くなって欲しいと願うなら、この祭りに連れて行くといいですよ。子どもは揉まれていくらでも強くなりますよ。

4月12日も12時頃から予定をされているようなので、近い方は行ってみてくださいね。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-ブログ

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.