共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

Adsense

【Googleアドセンス】収益割合確認と広告ブロック方法

投稿日:

どうも、働かない夫です。

毎月、ブログアクセス報告をしています。

ここ最近、収益なんかも具体的に発表していっていますが、言われる事はアドセンスの収益性が高いよねーって事。

 

「なんでだろうか?」と気になり、Googleアドセンスを弄くり回しました。

すると収益割合なんかをチェックする方法がありました!その収益性を高めているであろう、上位項目とチェックする方法とちょっとしたTipsで広告ブロック方法を紹介します。

Googleアドセンス広告のブロック

Googleアドセンスを開くと以下のようなページが出ていますよね。

Googleアドセンスの上の方

ここから広告の許可とブロックをクリックします。すると以下のようなタブが出てきます。

Googleアドセンスタブ

今回はこちらを使用します。

広告をブロックをする方法は

  1. 広告主のURLを入力
  2. カテゴリーでブロックする

1に関してはSTINGERの制作者のENJIさんが「グル○ポン」のURLを入力していましたね。

気に入らないモノをブロックすれば良いと思います。(自分が応援したくない企業だったり、収益が見込めないサイトだったり・・・)

サイトブランディング上配信されたくない広告をブロックすれば良いかと思います。(これは後ほど書いています)

カテゴリー分析で収益性をチェック

ここでは収益率を分析できます。

過去30日間での広告表示回数の割合と収益額の割合が算出されます。

アドセンス収益割合

収益性が高いと噂の「片付けない妻と働かない夫ブログ」の場合は

  • 仕事、教育
  • 電話通信
  • インターネット
  • 健康
  • 財務

これらが上位にきています。(デリケートなカテゴリーはそこまでなかったですね。本当に微々たるモノ)

収益性を高めるために

収益性を高めるためには、ユーザーと広告をつなげる事が大切ではないでしょうか。

解決したい事=広告にありそう」であれば、高確率でクリックします。(ソースは自分の行動)

困り果てたときには検索かけて、解決できそうだと思えば、広告だとわかっていても入っていきますから。今、必要。マジ必要。と焦っているのでなりふり構わずといった感じでw

なので、ユーザーの望んでいる事を書く事が重要だと思います。(SEO的にも正解だと)

ブロックは積極的に使おう!

雑多ブログにしても「これは書かない!」と決めている事はあります。書く事は決めなくても【書かない事】は決めれますよね。

チェックしてみると、全く書く予定のない事柄が広告表示されている事があります。

デリケートなカテゴリーで例を出せば、

  • 性に関する内容
  • 宗教
  • 政治
  • ギャンブル、くじ

このあたりは、今のところ全く書くつもりはありません。なので、広告が表示されるとわたしが嫌なんですよね。収益があっても不本意なので、ブロックしています。

まとめ

収益性の高い理由は自分でもよくわかっていませんが、相性がいいのかなーって感じです。

収益割合と表示割合がだいたい釣り合っている感じです。

このデータを見ると面白かったので、一度やってみてくださいね。

あとは、【これだけは書かない!】って内容のブロックすると良いですよ。多少精度が増すと思います。細かいところからコツコツといきましょう。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-Adsense

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.