共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

アフィリエイト

2015年からのアフィリエイトは市場に従うのをやめた方が良い。

投稿日:

どうも、働かない夫です。

アフィリエイトって何やら怪しい世界で、詐欺師の集まりかなにかと思っていました。

「秒速で稼ぐ」「働かないで年収〇〇万」「〇〇だけアフィリエイト」などなど。

楽して?あなたにもできる?と誘惑するキャッチコピーが多いですよね。情報教材ってこんな系統がとにかく多い。

しかし、Twitterでアフィリエイト報酬を公開しているガチンコアフィリエイターは多々いらっしゃいます。A8ネットとかで報酬額1〜3位を見てもウソじゃないなって確信に変わりました。

そんな中でもちょめさんの記事。

アフィリでなければなんでもいい - ちょめのちょめちょめ

「ロックでなければなんでもいい」というのはイギリスのWIREってバンドの有名なキャッチフレーズ。ちょっくら拝借させて頂きました。

www.cnocc.org

この記事を読んでから、色々と考える事がありました。

今後のアフィリエイトはこんな形に変わって行くんじゃないかという予測を書いて行きます。(書き手はアフィリエイト弱者)

アフィリエイターの現実

色々と見ているとアフィリエイターも一般のサラリーマンと変わらないなーと感じます。

アフィリエイトが面白い!ではなく作業がつらい。楽しくもない!

って方もいらっしゃいます。

今回の天下のGoogleさんからの「スマホ対応に変えないと容赦しないぜ」宣言で根本的に対応しなければならない人も多いかと思います。この当たりはSTINGER5作成者のENJIさんの記事がわかりやすいです。

順位は下げさせない!WordPressサイトを愛されスマホ対応にする方法

なかなか衝撃なNEWSが飛び込んできましたね。 Google、「スマホ対応」をラ ...

enjiout.com

アフィリエイターの現実はかなり厳しいと感じますね。「副業で楽に」って感覚ではなく完全にビジネスなんですよね。職業としてのアフィリエイター。

で、ちょめさんの何に魅かれたかと言えば、

今は「世の中の○イ○ン率をドラスティックに高めていく。」ことを目標に、○イ○ンの布教活動を頑張っていきたいと思います!今年の目標は○イ○ン写真集の出版です!

アフィリでなければなんでもいい より引用(一部、アドセンス的にヤバそうなので修正をかけています。))

確かに、サイトを確認したら、男性向けの記事は収益につなげていない状況。

 

ここで、ふと昔読んだ営業の魔法の逸話を思い出しました。

市場を創造

昔、靴のセールスマンがアフリカへセールスミッションを持って飛びました。数日間、その担当者は市場をリサーチし、日本へ電話をかけたのです。
『部長、ここはダメです。全員裸足で、誰も靴なんか履いちゃいません』と。

部長は、『そうか、大きなマーケットだと思ったんだがな』
『とりあえず、二~三日調査してから日本へ戻ります』
結局、この会社はアフリカへの進出をあきらめました。

ときを同じくして別の会社のセールスマンも、その地においてリサーチをしました。その地においてリサーチをしていました。数日間の調査を終え、彼は東京に電話を入れます。

『最高の市場です。ここでは誰も靴を履いていません。裸足という文化なのです 。考え方次第では全員がお客様となる可能性を秘めています』

そしてこう続けた『靴の素晴らしさと安全性を、僕はみんなに説いて廻ります』と。

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する p55~56 より引用)

後に本書の中で営業の神様である紙谷さんは、自分の経験、知識、環境から作り出される既成概念が物の見方を決定していると教えていました。

そう「市場があるから入るの」は競合する訳ですし競争は激化していくだけです。イメージとしては一つのプールにあるお金を取り合っている感覚。

しかし、布教活動は市場を作り出して行くのでブルーオーシャン。

間違いなくNO.1

何処にもコンテンツはないし、知りたければ『このサイト』だ!と認知します。

スケールが違いすぎると痛感しましたね。利益が出なくても、やる。的なところが。

マーケットに従ってはいけない。

市場にニーズがあるのか?を調査して、ニーズのある物を提供するって形が必勝法の一つでしょうが、なければ作れば良いという意識がこれからのアフィリエイトには必要なのではないかと思いましたね。

マーケットの創造。もはやビジネスだよね。

「リサーチする」の意味合いが変わってきそうですね。

まとめ

ブログもアフィリエイトもガチンコの世界は大変ですね。

ブログだけじゃなくてガチなアフィリエイトも勉強して行きましょう。

 

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-アフィリエイト

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved.