共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

マンガ

【志乃ちゃんは自分の名前が言えない】は普遍的な不自由との戦いを描いた最高のマンガ

投稿日:

どうも、働かない夫です。

また良いマンガに出会えました。

【志乃ちゃんは自分の名前が言えない】は吃音(どもり)を持つ主人公の物語。しかし、吃音だけでなく何かしら人は不自由を持っているかと思います。人との関わり方はとても感銘を受けますよ。

【志乃ちゃんは自分の名前が言えない】

名前は「大島志乃(おおしま しの)」。「お」から始まるので上手く話せません。

 

結局、上手く上手く発音する事が出来ず、高校デビューを恥ずかしい物にしてしまっています。

先生に呼び止められ・・・

担任の先生が「吃音(どもり)」に対しての認識がなかったのでしょうか。先生も完璧ではないのでよくある話ではないでしょうか。今まで何度も同じような事を言われてきたような表情が「うわー、あったわ。こんなこと」と思ってしまいます。

不自由なことは人それぞれ

作中で志乃ちゃんにも友人、仲間ができます。

友人の加代ちゃんは「歌が音痴」。バンド仲間になった菊池くんは「空気が読めない」。

それぞれ、欠点を持っています。志乃ちゃんだけでなくそれぞれが不自由とどう向き合って行くのかもこのマンガの見所でもあります。

自分の経験

この作品は作者の経験から描いた作品だそうです。

僕が、喋ることに不自由を感じるようになったのは、中学2年生の頃だったと思います。それが「吃音症」というものだと知ったのは、しばらく後の事でしたが。 

吃音でも、「難発型」と呼ばれる最初の音が出ない症状。(このマンガでもこれですね。)

自分が話せば面白いのに、どもる恐怖で話せず自分が考えた事が他の人が話して爆笑。敗北感を常に抱いて青春時代を過ごされていたようです。

しかし、この吃音の経験は悪いことばかりでもないと語っています。

相手が自分をどう思っているか、変だと思われていないか、というのがすごく気になるので、人の表情や仕草から感情を読み取る能力が発達しました。これは、マンガで表情を描くとき、すごく力になっていると思います。

(中略)吃音という特徴と、僕の人格は、もはや切り離せないものになっているということです。

漫画家に限らず、自分の普遍的な不自由は何らかの形で世界を動かせるエネルギーになるとおっしゃっています。

きっと誰にでもあるよね?ブログを書くってことできっと世界を小さく動かせそうですね。

まとめ

相変わらず、押見作品は良いです。生きた人を描いています。

心に闇があるなら読んでみて。何事も良い人生に感じるから。

 

押見作品でもこれは読んだ?

【ぼくは麻理のなか】がかなり面白い。日常に非日常のある漫画。 | 片付けない妻と働かない夫ブログ

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-マンガ

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.