共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

SEO

LINE@が始まった!登録手順と運営方法を紹介します。

投稿日:

どうも、働かない夫です。

LINE@が始まりましたね。企業では既に導入されていますが、個人でも使えるようになりました。FacebookページのLINEバージョンの様なものですね。

今はFacebookよりもLINEをやっている方が増えています

わたしの感覚的に

  • LINE 10代〜20代前半
  • Facebook 20代後半以降。
  • Twitter オールマイティ。
  • hatena 技術系

といったようなユーザー層がメインで使っていると思います。(わたし調べ)

LINEだけをやっている方もいるので、これからのブログ運営に必須になることでしょう。

登録の手順とLINEの運営方法についての考えを紹介していきます。

スポンサーリンク

登録手順

まずはアプリをダウンロードします。

LINE@

無料
(2015.02.14時点)
posted with ポチレバ

Android版

アプリの初期画面

以下のように登録をしていきます。

  • LINEにログイン
  • 規約を読みチェックをつける

この2点が必要になります。

年齢認証

年齢が18歳以上で使える様なので、キャリアに利用者確認のページへ飛びます。

以下の画面はソフトバンクの認証画面

プロフィール登録

写真は必須です。
(そろそろ、わたしもロゴを考えないとなぁー)

ブログのロゴがある方はそちらを使いましょう。ない場合は、Twitterなどのアカウントで使っているものでも良いでしょう。

主業種を選択

副業種でさらに詳しく

ここまでで登録は完了です!おつかれさまでした!

管理画面

管理画面はこんな感じです。

結構メニューがありますね。

ファンとの交流に必要不可欠な投稿をテスト

テスト投稿として、更新情報をアップしました。
コネクトされているツールってあるのかな?ちょうと面倒かも。

統計情報

これは便利ですね。LINEアカウントに入ったPV、UU投稿数、いいね数、コメント数、共有数とバズっているか?を確認出来ますね。

一つの指標になりそう。

登録者数

こちらも統計情報として見れます。

LINEユーザーのファンを増やそう!

LINEのボタンは簡単に作れたのでこちらから登録出来ます。

作ったボタンがこちら↓(友だち追加していただけるとうれしいです!)

'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

フォローボタンはコピペで出来ますがこのボタン一つで固定みたいですね。

URLだけ持ってきて自作でフォローボタンも作れますから、次回のカスタマイズはこいつやね!!

運営方法はどうするのか?

あれこれ考えるよりもまねる方が早いです。

LINE@公式ブログ

こちらに導入してからの活用術が記載されています。

一例としては登録でクーポンを発行するというものがあります。(わたしも過去にそれで友だち追加をしましたね)

LINE@限定で人気の求人情報を配信したのですが、とても評判が良かったです。

人気の求人情報こそLINE@で配信!新宿わかものハローワークに聞くLINE@運用術 より引用)

LINE限定の情報を流すって事も必要かもしれないですね。

しかし、重要なのは20代前半までの方が使われているので、その配信する情報がニーズとマッチするか?が重要ですね。

今後は友だちの増やし方がコンテンツになってきますね。情報教材が出そう。。。皆さん気をつけてくださいね。

まとめ

運営方法としてはFacebookページと同じ方法が良いでしょうね。LINEユーザーはかなり活発に使われているので情報を発信するツールとしては強力になりますね。

まずは、アカウント登録をしておきましょう。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-SEO
-

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.