共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

もう、共働きやめます。

アフィリエイト

買わせる文章には法則がある!だから、あなたの文章は売れない!

投稿日:

どうも、働かない夫です。

あなたのブログのAmazonは飾りになっていませんか?

ブログの収益化と言えば、①Googleアドセンスなどの広告収入や②Amazonアソシエイトなどのの物販になります。

Googleアドセンスは基本となる配置をしっかりしておけば、PVの上昇にあわせて収益はまず増えて行きます。

しかし、PV向上にあわせてモノは売れて行くでしょうか?

売れません

モノを売るにも売れる文章術があります。【買わせる文章が「誰でも」「思い通り」に書ける101の法則】から学んだ事柄をアウトプットして、備忘録として残して行きます。

スポンサーリンク

買わせる文章とは

先月のわたしのブログのPV1万程度ですが、Amazonの売り上げは15,000円ほどあります。

紹介料は売り上げに合わせて変動するもので、安いお昼のランチは食べられるくらい?しかし、まだまだ支払い規定を毎月超えるまでには遠いです。

これの記事は力作だ!と思っても売れません。

買ってもらえない文章と買わせる文章の違いってなんでしょうか?とても簡単な事でした。

「買わせる文章」とは自分本位ではなく、「相手本意」で書いた文章のことです。

(p15より引用)

書いている文書は誰のために書いているのでしょうか?

「えっ!?読者のためでしょ?」

と私も思いましたが、「誰かのために」書く文章って奥が深い。

買ってもらえるために何が必要なの?

1万PVで15,000円の売り上げがあると最初にお伝えしましたが、ちょっとウソついています。

実は400PVで15,000円です。月間PVこそは多くはないもののCV(成果)を発生させています。

つまり、物販はPVではなく、文章力です!

では、私が本を読んで実践した買わせる方法を紹介していきます。

誰に売るのか?

ターゲットを明確にしなければモノは売れません。

その商品を購入する人は誰?

東京都渋谷区在住/40歳/主婦/マンション住まい(持ち家)/ご主人(IT企業勤務)/子供ふたり(14歳と12歳)/世帯収入750万円/英会話教室のバイト講師/趣味テニス

p18より引用

ペルソナというお客様を代表するモデルを設定する方法です。

設定する事によって

  • 価値観
  • ライフスタイル
  • 金銭感覚
  • 目標
  • 悩み

が見えてきます。

私は、ここまで具体的にやりませんが、いくつか省いて

①【年齢 性別 年収】 × ②【悩み 目標 価値感】

を考えています。①を考えるだけでも訴求方法が変わってきます。

ペルソナを作る際の参考

この簡単なペルソナを作成するにあたって参考になるのが

 くわしくはこちら→DaiGoの【人を操る禁断の文章術】は思った以上に人を操れた

またペルソナの分析で参考にしているのが、CITYBOY,ME

僕の女子力はどこまで上がり続けるのか 〜オーガニックの夜明け編〜 | CITYBOY.ME
女子になった彼を参考に。。。

女子の気持ちを探るために「女子になった彼」を見て参考にしています。(ウソです。楽しんで読んでいます)

 

ニーズを知る

世の中の「不」をあぶり出すペルソナを決定したら気づいていないニーズを探ります。

不安、不満、深い、不便、不具合、不平、不自由、不足、不良、不振、不信、不公平、不愉快、不明瞭、不健康、不全、不人気、不出来、不利益、不可解、不合格、不安定、不平等、不幸

p21より引用

簡単に設定したペルソナがどのような「不」を抱いているかを考えます。

紹介したい商品でどのように解決されるのか?を紹介して行きます。

ベネフィット

メリットとベネフィットの違いを意識する必要があります。

  • メリット・・・商品のウリ・特徴
  • ベネフィット・・・「メリット」によって得られる恩恵や利益(体験・変化)

メリットは思いつきやすいこと。

例えば、

「ブログを書く事とお金を稼げます」と言われても。「お、おう。」となります。メリットだからしっくりとしない訳ですよね。

ベネッフィットを示すと

  • ブラック企業に勤めている人→「ブログはあなたを自由にしてくれます。」
  • キャリアアップを考えている人→「ブログはあなたのキャリアを作ります。」
  • 将来に対して不安な人→「ブログは収益を生むあなたの資産となります。」

「メリットで買う人がどうなるの?」→「この商品(メリット)は〇〇してくれます」ともう一歩踏み込むようにします。

ベネフィットの訴求のプロはスティーブ・ジョブズ!

スティーブジョブズのプレゼンはベネフィットの訴求が上手い!とても参考になるので、iPhoneの発表をどうぞ。

紹介する商品は「あなたの生活をどのように変えるの?」を明確にしましょう。

キャッチコピーが80%を左右する

キャッチコピー・・・広告なイメージがありますが、ブログだとタイトルがキャッチコピーになりますよね。

キャッチコピー=ブログのタイトル、見出し

  • タイトル、で【その記事を開くのか】
  • リード文で【読み進めるか】
  • 見出しで【求めている情報があるのか】

を瞬時に決定して行きます。スマホからだと文字って読まないよね?

キャッチコピーの作り方

  • 数字を入れる【例)200%アップ】
  • ペルソナに向けて書く【例)20代で薄毛にお悩みのあなた】
  • ペルソナの好む言葉を使う【読者層の明確な雑誌を参考に。】
  • 不安や恐怖にアプローチする【例)えっ?オレの息が臭いって?】

などなど、様々あります。

ここはわたしも勉強中ですので、また紹介して行きます。

まとめ

ブログでモノを売るには、それなりのテクニックが必要になります。わたしも勉強中です。

買わせる文章は

  • ペルソナの価値観、興味、関心
  • 商品が必要になる背景
  • 商品がどのようにペルソナの人生を変えるのか

これらを特定の人に刺さる言葉を使って紹介して行く事が重要です。

一つの過ちとして「全ての人に売りたい」って気持ちが出てきます。

モノを売りたい!という自分本位の考え方ではなく、もう一歩踏み込んだ相手本意の情報を【伝わりやすい言葉】を選んで提供する必要があります。

奥が深いですね。まだ駆け出しのブロガーです。成果が出たら要因をシェアーしていきます。

もっと知りたい方はこちらの本をご覧ください。

  • この記事を書いた人
ハタオト

ハタオト

職業:専業主夫。サイト作って、静かに生活しています。このブログは好き勝手書いています。

-アフィリエイト
-

Copyright© もう、共働きやめます。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.