もう、共働きやめます。

共働きで消耗した家族が生き方を見直してます。

【児童福祉司 一貫田逸子 逃げる子ども】子どもは親を責められない。それは自分を守るため。親のためなんかじゃないよ!

   

片付けない妻です。

昨日、名駅の上の本屋で見つけました!ほくほくしながらおうちに帰って読む。。。読み終わった後、少しボーッとしていました。

『ちょっとパンチきついな。』というのが正直な感想。でも、児童虐待ってもっとひどいこともある。

児童虐待のリアルを描く作品が完結!【児童福祉司 一貫田逸子 逃げる子ども】をご紹介します。

SPONSORED LINK

ストーリー


今回の作品は読み終わった後、胸のあたりが重い感じがしました。

虐待は繰り返す

虐待の連鎖と家庭復帰した後の見守りについて描かれてるんだけど…

虐待の連鎖。あります。悲しいことだけど。

人が当たり前のようにできることができない。というか知らない。

私は、気をつけて生活しています。気をつけてないと自分がされて嫌だったことしてしまったり、しようとしたりするんですよね。特に疲れてる時。ハタオトやハタオト母、自分の兄弟がいるからなんとか母親してる。

もし、違う環境を選んでいれば私も加害者だったかもしれない。
『自分がしてることは虐待じゃないか?』といつも考えて、考えすぎて頭プシューってなってますね。笑

家庭復帰をした後も継続した見守りが必要。親もそれなりにカウンセリングしたり、治療したりと条件が満たされないとオッケーはでないはずだけど。

でも、その頃合いを判断するのはとても難しいのだとか。失敗すると取り返しがつかないことも…。

家庭で育つことが一番だけど、それが叶わないこともあるんです。

心の傷は一生

被虐待児が母親を殺害してしまい、判決を下される。判決を下した裁判官に一貫田さんが被虐待児のその後について理解してもらうお話。

このお話を読んだ時、昨年起こった被虐待児の女子高生が祖母と母親を殺害してしまった事件を思い出しました。【南幌町殺人事件】虐待家族?「積もり積もったものが爆発」長女、殺人ほう助で在宅起訴 – NAVER まとめ

犯罪はダメ。でも、気持ちはわかるかも。
溜まっていった感情が爆発してしまった、その方法が悪かっただけかなーってね。犯罪を犯してしまうとその子の人生がダメになってしまうしね。

“安心”と”安全”が保障されない

施設内虐待について描かれてるんだけど、ほんとに腹立たしい。生活を脅かされた子どもが安全な場所で安心して暮らすためにあるのにどうなってんの????

けど、それも事実なんです。

子どもの日常を援助するのって大変。虐待を受けた子ならなおさら。でも、それをなんとかするのが専門知識を持ったプロ。体罰や暴言なんてもってのほか。

子供の生活を脅かすような施設は早く撲滅してほしいよね!

何度もノックすることで開かれるドア

一貫田さんが児童福祉司になった理由となった”小夜ちゃん”のママも登場。小夜ちゃんママの知っているお隣の児童虐待。小夜ちゃんのママの心境の変化がよかったかなー。

何度も何度も家庭訪問を続ける一貫田さん。

たとえ門前払いをされても子どもの無事を願い、訪問し続ける児童福祉司。その一歩が子どもの笑顔を守るんですね。

まとめ

第三弾の今回で完結のようですねー。とてもリアルに描かれているだけに…ちょっと重かった。

児童虐待を止めるために日夜頑張る児童福祉司。関係のないところで生活している方にはあまり馴染みもないかも。これからも頑張ってくださいね!応援してます。

児童福祉司の漫画は他にもあります。【ちいさいひと 青葉児童相談所物語】児童虐待から子ども達を守れ!! | もう、共働きやめます。

私には私にできる貢献をしていきたいと思います。

紹介した本はこちら↓

関連記事

第一弾 【かくされた子ども】

【児童福祉司 一貫田逸子 かくされた子ども】コミックサイト総合1位の座は伊達じゃなかった! | もう、共働きやめます。

第二弾 【生贄の子】

【児童福祉司 一貫田逸子 生贄の子】子どもを犠牲にしてバランスを保つ家族なんて壊れたらいい | もう、共働きやめます。

 - マンガ, 児童虐待

【児童福祉司 一貫田逸子 逃げる子ども】子どもは親を責められない。それは自分を守るため。親のためなんかじゃないよ!
この記事をお届けした
もう、共働きやめます。の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
SPONSORED LINK

SPONSORED LINK

       
ブログの更新情報はこちらから配信中

follow us in feedly

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【赤ずきんチャチャN】狙われる80年代生まれ!大人買いの衝動を我慢できるか?(ネタバレ注意)

最近、20年前の懐かしのグッズや漫画の続編が次々と販売されているようです。 セー …

被害者ヅラの母親も虐待の加害者。虐待を学んで知った事実。

片付けない妻です。 虐待の報道を見て『あの時は大変だっだよねー。』と話す母親。 …

【ホイクメン!】現代の母親が抱える心の闇に手を差し伸べる。頑張れホイクメン!

片付けない妻です。 私の好きな漫画家さんの一人、上田倫子さん。 全部集めているつ …

世紀末で戦う為に準備して、世紀末が来なかった戦士のマンガ【KAPPEI】

また、良い感じにくだらないマンガを見つけました。 デトロイトメタルシティを書いて …

被虐待児のその後を描く【誕生日を知らない女の子】。これを読んでもまだ被虐待児のケアを軽んじますか?

片付けない妻です。   『やった方は忘れるけど、やられた方は忘れないんだからね! …

女性の貧困は、社会ではなく風俗産業が支援している事実を知っていますか?最貧困女子を認識しましょう。

どうも、ハタオトです。 衝撃的な本、最貧困女子を読みました。 内容は以下のとおり …

【浅見先生の秘密】好きな子ほどいじめたくなる!ツンデレ教師の秘密に胸がトキメク!!

片付けない妻です。 急に漫画が大量に読みたくなり、漫画を漁りをしました。笑 何気 …

【生まれる価値のなかった自分がアンナのためにできるいくつかのこと】逆行物としては珍しいストーリー

どうも。働かない夫です。 最近、iPhoneでネットをしていると漫画の広告で気に …

救いたいのに、助けられない。児童福祉司の仕事量はもう限界です。

こんにちは!片付けない妻です。 最近、児童虐待の対応件数が9万件にというニュース …

不登校・ひきこもりについて考える。棚園正一先生の話を聞いて、フツウに囚われているのは大人だと気づく

どうも、ハタオトです。 2015年9月6日の愛知県武豊町の「不登校・ひきこもりに …